皆さまの健やかな生活を応援するため、成分情報や健康に関する情報を健康情報室よりお届けいたします。

株式会社えがお

「血のめぐり」が気になる方に

 鮫肝油で血の巡りを改善し、血管の老化防止!

長く愛され続ける「肝油」

1911年に開発され、戦後の貴重な栄養源として広まった「肝油ドロップ」。栄養豊富な肝油ドロップは、今もアジアの国々の子どもたちの健康のために活用されています。
現在、日本だけでも数えきれない程の種類の健康食品がありますが、「肝油」がいかに長く人々に愛され続けているかがわかりますね。その原料のひとつ、深海鮫は、太陽光も届かない、酸素の薄い暗闇の世界で生きています。そんな過酷な環境を生き抜くために、非常に多くの栄養が含まれているのです。

鮫肝油のスクアレンで
血の巡りを良くし、健やかな体に

「最近調子が良くない」「以前のように動けなくなってしまった」…そう感じることはないでしょうか。それは加齢のせいだけではなく、血の巡りが悪いことも原因かもしれません。
血の巡り、つまり血流に大きく関わる成分が「スクアレン」です。スクアレンは、私たちの体内に存在する成分であり、いきいきとした生活にも深く関わるものです。健やかな毎日をサポートする成分として使用されるなど、様々な役割があり、健康にも美容にも影響します。さらに深海鮫の肝油には丈夫な身体づくりに欠かせない栄養素のひとつであるアルコキシグリセロール、青魚で有名なDHA・EPAなど、人にとって重要な栄養素が豊富に含まれています。
血の巡りが悪いと、重要な器官のトラブルなど、良くない結果がもたらされる可能性も考えられます。深海鮫に多く含まれるスクアレンで、血の巡りを良くして、健康な体を維持しましょう。

深海鮫の肝油に含まれる健康成分
えがおの研究で明らかになりました!

肝油が血の巡りの改善・悪化抑制に作用することが立証されました。

えがおの研究で明らかになりました!
肝油が血の巡りの改善・悪化抑制に作用することが立証されました。

CAVI(心臓足首血管指数)という血管の固さを示す数値が、正常値の範囲内で少し高めの数値を示す中高年(45歳~69歳)男性42名を2つのグループに分け、それぞれ鮫肝油を含む食品、含まない食品を継続して8週間にわたって摂った後に、血流の変化を検証しました。
検証の結果、「鮫肝油なしグループ」では血流が低下したのに対し、「鮫肝油ありグループ」は、血流が改善しました。画像解析でも、手の甲全体に血流改善効果がありました。今回の試験で鮫肝油には血流改善効果があることが立証されました。

左手の甲の血流変化量
鮫肝油ありグループの画像解析
左手の甲の血流変化量
鮫肝油ありグループの画像解析

鮫肝油は加齢による血管の老化で高まる
生活習慣の乱れによるトラブルのリスクに有効です

血管は、加齢や生活習慣の乱れなどが原因で老化が進み、血管の内側にプラーク(ゴミ)が付着して、狭くなったり詰まったりします。この状態では酸素や栄養を正常に送ることができず、肝臓や組織が正しく機能できなくなります。また、血管が硬く、もろくなり、破れやすくなってしまい、 生活習慣の乱れによるトラブルを引き起こすと考えられています。 たくさんの方がお悩みの、生活習慣の乱れや加齢による健康トラブルは、実は血管の老化が関係していることsが少なくありません。したがって、若々しい血管を保つことは非常に重要です。
鮫肝油に豊富に含まれる成分「スクアレン」には、抗酸化作用や脂質代謝調節作用があり、血行障害の予防、悪化の抑制や改善効果が期待されます。生活習慣病を防ぎ健康的な生活を送るために、上手に摂取したい、大事な成分なのです。

血管は、加齢や生活習慣の乱れなどが原因で老化が進み、血管の内側にプラーク(ゴミ)が付着して、狭くなったり詰まったりします。この状態では酸素や栄養を正常に送ることができず、肝臓や組織が正しく機能できなくなります。また、血管が硬く、もろくなり、破れやすくなってしまい、生活習慣の乱れによるトラブルを引き起こすと考えられています。 たくさんの方がお悩みの、生活習慣の乱れや加齢による健康トラブルは、実は血管の老化が関係していることsが少なくありません。したがって、若々しい血管を保つことは非常に重要です。
鮫肝油に豊富に含まれる成分「スクアレン」には、抗酸化作用や脂質代謝調節作用があり、血行障害の予防、悪化の抑制や改善効果が期待されます。生活習慣病を防ぎ健康的な生活を送るために、上手に摂取したい、大事な成分なのです。

えがおの研究で明らかになりました!

鮫肝油による血管の老化防止作用が明らかになりました。

えがおの研究で明らかになりました!
鮫肝油による血管の老化防止作用が明らかになりました。

40代~60代の、CAVI(心臓足首血管指数)が高めの男性42名を、21名ずつ2つのグループに分けて、それぞれ鮫肝油を含む食品/含まない食品を継続して摂ったあとでの2グループ間で血管の硬さの変化を検証しました。対象を摂取開始前と開始後4週間目と8週間目に血管の硬さを評価しました。
検証の結果、鮫肝油に含まれる成分には、抗酸化作用や脂質代謝改善作用があると報告されていることから、鮫肝油を摂ることによって血行障害などの予防、悪化の抑制、または改善が期待されます。試験の結果、鮫肝油を含む食品を摂ったグループに変化が見られました。中でも40代~50代の方には、より明らかな血管の老化(血管が硬くなった状態)の改善作用が見られました。

CAVI(血管の硬さ)の変化量
CAVI(血管の硬さ)の変化量

研究者より 充実した毎日のために、健やかな血流と血管を保つことが大切です。

血管は、体中に酸素や栄養を運ぶための重要な器官です。しなやかな若々しい血管と、スムーズな血流を保つことは、生活習慣病を防ぎ、健やかな体を保つために、非常に重要です。
そこで、実施した今回の研究の結果から、鮫肝油を含む血管の老化防止に働きかけ、血の巡りの改善・悪化抑制に作用することが明らかになりました。ただし、巡りを良くする成分であり、鮫肝油の主成分でもある「スクアレン」は、加齢と共に体の中から減少してしまいます。そのため、普段の生活習慣を見直していただくとともに、鮫肝油を含む食品を上手に日々の食生活に摂り入れることが必要です。ぜひ、鮫肝油を活用し、健康で元気あふれる毎日をお送りください。

株式会社えがお 医学博士 松本祥幸 スクアレンは加齢とともに減少します!

Copyright© egao. Co.Ltd. All rights reserved.