皆さまの健やかな生活を応援するため、成分情報や健康に関する情報を健康情報室よりお届けいたします。

株式会社えがお
「眼精疲労」が気になる方に

老眼は治療できる?
老眼回復のための選択肢とは

老眼とは、自覚の程度に個人差はありますが、加齢によってほとんどの人に起きるものです。老眼を改善する手軽な方法は、老眼鏡や老眼用コンタクトレンズの利用です。では老眼を予防したり、治療したりする方法はあるのでしょうか?

老眼とは? 近くのものが見えにくくなるのはなぜ?

人はものを見る際に、レンズの役割をしている眼球内前方の水晶体を変形させて、焦点(ピント)を合わせています。近くのものにピントを合わせる時は水晶体の厚みを増しますが、加齢とともにその調節力が上手く働かなくなり、とくに近くのものが見えづらくなります。これが老眼です。いつごろから老眼が始まるかと言えば、40歳代から症状を自覚することが多いようです。

こんな自覚症状が出てきたら老眼かも?チェックしてみよう

老眼には次のような症状があると言われています。40歳を過ぎた人はこんな症状に悩まされていませんか? チェックしてみましょう。

本眼科医会によると…
・新聞や本など、近くのものが見にくくなる、細かい字が読みづらい
・近くから遠くへ、遠くから近くへとピントを合わせるのに時間がかかる
・少し暗くなると本などの字が読みづらくなる
日本眼科学会によると…
・近くを見る作業の時に目が疲れるなどの不快感を感じ始める
・近視の人で、普段遠くを見るために使用している眼鏡をかけた状態で近くのものがぼやける
チェックしてみましょう。
このような状態が続けば、日常的に目の疲れを感じるかもしれません。慢性的な眼精疲労による肩こりや頭痛などを招かないためにも、早めの老眼対策を心がけましょう。

老眼を回復させるベストな方法とは?

老眼で視力が低下すると、新聞を読んだり車を運転したりという日常生活のさまざまなシーンで少なからず影響が出てきます。世界的には、老眼を回復するトレーニング方法なども研究されていますが、手法が確立され一般化するには至っていないようです。日本眼科医会は、「老眼を治す方法はないの?」という問いに対して、「老眼は加齢に伴う生理現象なので治す方法はなく、老眼鏡をかけて矯正する以外に手段はありません」と言っています。
ちなみに、「近視の人は老眼にならない」という説を耳にすることがありますが、それは違うようです。近視の人は40歳代になっても眼鏡を外すと近くが見えますが、度の合った眼鏡をかけた状態ではやはり老眼の症状が出てくると言われています。ほとんどの人にとって、老眼鏡はいつか必要になるアイテムなのです。

老眼を改善する老眼鏡とコンタクトレンズ

日本眼科医会によれば、老眼は加齢とともに進行しますが、60歳くらいになるとほぼストップするそうです。そのため、早めに老眼鏡を作った場合は、何回か度の調整をすることになります。老眼鏡にはいくつか種類があるので、その違いを見てみましょう。

老眼鏡の主な種類とその仕組み

・老眼専用の老眼鏡
老眼では近くのものが見えづらいので、凸レンズを用いて改善するのが一般的です。老眼専用の眼鏡のため、読書やパソコン作業の際は使い易いですが、掛け替える手間がかかり、外出には向きません。
・二重焦点レンズの老眼鏡
遠近両用眼鏡で、レンズの上部分は遠方に、下部分は近方に焦点が合っているため、一つで二役、便利な老眼鏡です。普通の二重焦点レンズは境目が目立ちます。遠方と近方に加えて中間距離も見えるようにした三重焦点レンズもあります。
・累進屈折力レンズの老眼鏡
これも遠近両用眼鏡ですが、レンズの境目が目立ちません。また、遠方と近方が見える遠近型をはじめ、ゴルフに適した遠方と中間距離が見えるタイプや、室内用、パソコン用など、改善目的に応じたものを選ぶことができます。

老眼を改善するコンタクトレンズ

コンタクトレンズでも老眼を矯正できます。その一つが単眼視と呼ばれる方法で、左右の目のうち自分の優位眼を遠方用のコンタクトレンズで矯正し、非優位眼を読書などの近方用のコンタクトレンズにするというように、片眼ずつ矯正を行います。
他に、遠近両用のコンタクトレンズで矯正する方法もあります。

老眼を手術で治療・回復させる方法はあるの?

今のところ、老眼を直接治療する手術方法はありませんが、他の眼病の治療方法からある可能性が見出されています。加齢によって水晶体が濁ってしまう白内障という病気を発症した場合に、その治療として「眼内レンズ」を挿入する手術が行われています。眼内レンズの進歩はめざましく、従来の「単焦点眼内レンズ」の他にも「多焦点眼内レンズ」などの新製品が加わっており、その「多焦点眼内レンズ」が老眼の治療・回復にも有効だと期待されているそうです。多焦点眼内レンズとは、遠近二つの焦点を人工的に作り出すことができるレンズです。単焦点眼内レンズと比べて、眼鏡未使用時でもより広い範囲をハッキリと見ることができると言います。将来的には、老眼鏡を作らなくても良い時代がやってくるかもしれません。

Copyright© egao. Co.Ltd. All rights reserved.